埼玉・東京の外壁塗装なら成和工業にお任せください

048-686-6956

8:00〜17:00(土・日・祝を除く)

メールからの
お問い合わせ

ホーム> 外壁塗装
外壁塗装

外壁塗装工事の目的

外壁塗装工事の目的

建物は、強烈な紫外線や温度の変化、激しい風雨などから人を守ってくれます。しかし、建物自体はそのような外的要因によるダメージをもろに受けることになります。建物をダメージから守るために必要なのが、外壁や屋根の塗装です。外壁塗装は美観向上のためだけでなく、建物をダメージから保護することが最も重要な役割なのです。

劣化した塗装は建物を保護する性能が失われている

建物は劣化すると保護する性能が失われる
劣化した建物はひび割れや塗料の膨れや剥がれに至る可能性があります。

塗装したすぐの外壁は美しい艶を放っていますが、経年とともに塗装は徐々に劣化していきます。劣化が進むにつれて当然ながら建物を保護する性能が失われていきます。まず劣化が早く現れるのは、紫外線が強く当たる箇所の艶が失われ、色褪せや変色が始まります。それが進むと、チョーキング現象といって、指先で壁を触るとチョークのような白い粉が付着します。
さらに劣化が進むと、壁に苔が生えたり黒っぽい汚れが現れたりします。苔が生えるのは湿気があるということですから、塗料の防水性能が低下しているということ。そしてひび割れが始まり、最終的には塗料の膨れや剥がれに至ります。こうなってしまっては、塗料としての機能を失っているため、放置しておくと下地を傷め、雨漏りや壁内部の腐食に繋がり、建物の寿命を縮めてしまうことになります。

外壁塗装の寿命はどのくらい?

外壁の塗装は、劣化が進まないうちの塗り替えが望ましいのですが、外壁塗装の寿命って、いったいどのくらい・・・?と気になるところだと思います。塗装の寿命は、建物の環境(紫外線の照射時間の違いや風雨 の当たり方など)によっても異なりますが、使用する塗料によっても大きく異なります。塗料の違いによる耐用年数にも違いが出てきます。

アクリル系塗料 ウレタン系塗料 シリコン系塗料 フッ素系塗料
5〜8年程度 6〜10年程度 10〜15年程度 15〜20年程度

当然ですが、長持ちする塗料は高価になります。しかし、外壁塗装にかかる生涯コストを考慮すれば、かえって経済的といえるでしょう。7〜8年程度で塗り替えて家のイメージチェンジを図りたいという人は、ウレタン塗料などのお手軽な価格の塗料を選ぶのもいいでしょう。

外壁塗装の工程

外壁塗装は、以下のような工程で行われます。

仮設工事した足場

①足場の仮設工事

塗装工事に足場は不可欠です。作業の効率をアップさせると役割と、足場全体をシートで囲うことにより、お隣への高圧洗浄の水や塗料の飛散防止、また風によって飛ばされてくるゴミや埃が新しい塗装に付着しないためにも必要です。

高圧洗浄

②高圧洗浄

塗装する外壁面や屋根などの苔やカビ、汚れなどをきれいに洗浄します。

下地調査・下地の処理

③下地の処理・下地調整

下地のひび割れなどをシーリング材で補修し、剥がれかかっている塗料や錆を除去します。

養生

④養生

下地のひび割れなどをシーリング材で補修し、剥がれかかっている塗料や錆を除去します。

下塗り

⑤下塗り

下塗りは中塗り・上塗りの密着性を高めるための大切な作業です。塗装面の乾燥を確認してから塗装を開始します。

上塗り・中塗り

⑥中塗り・上塗り

下塗りの乾燥を確認して、中塗りをします。最後に中塗りの乾燥を確認して上塗りをします。塗装は下塗り・中塗り・上塗りが基本。この工程があって、塗料の耐久性が確保できます。

仕上がりを点検

⑦仕上がりの点検

塗装の仕上がりを点検し、片付けや足場の解体終了後、お客様へ引き渡しになります。

鉄部塗装工事の目的

鉄部塗装工事の目的
鉄部塗装工事は鉄の強度や美しさを保つ目的がある

建物によっては鉄製の素材が使用されていることがあります。玄関の扉や枠、外部階段やベランダの手すりなど。このような鉄部にも耐久性と美観の向上のため、塗装が施されています。鉄部塗装の主な目的は、塗料の塗膜によって錆から守ることです。鉄は錆びてしまうと美観が損なわれるだけでなく、強度がなくなりやがては崩壊に至ります。鉄の強度を維持し、いつまでも美しい外観を保ち、建物の資産価値を下げないようにするためにも、鉄部の塗装は大変重要です。一般的に鉄部の塗装は5年に1度の塗り替えが望ましいとされています。

錆が酷くなった状態での塗り替えは、ケレン作業に手間やコストもかかるため、早めの塗り替えをおすすめします。

【ケレン・目荒らし】

ケレンは、塗膜の密着性を向上させるための重要な工程です。ケレンの程度は 1種から4 種に区分されていますが、戸建てや鉄筋コンクリートの外壁塗装には、下地の状態によって3種と4種ケレンが最も多く行われています。3種ケレンとは浮いた塗膜や錆を除去し、活膜は残す方法。4種ケレンは目荒らしとも呼ばれ、下地が比較的良好な場合に表面に細かな傷を付けることで塗料の密着性を高めるために行われます。

目荒らし・ケレン作業

※1 種ケレンとは、船舶や橋梁などで行う重防食のための作業で、サンドブラストや剥離剤などを使用し錆や旧塗膜を完全に除去する方法。一般住宅では使用されない。2種ケレンは、錆や腐食が酷い場合に行われる作業で、電動工具や手作業での錆や旧塗膜を除去する方法。

鉄部塗装の工程

鉄部塗装の工程は以下の通りです。

ケレン作業

①ケレン作業

鉄部塗装において最も重要な作業です。サンドペーパーやワイヤーブラシ、サンダーなどの工具を使用してきれいに錆を落とします。錆びていない場合でも塗料の密着を強くするためにケレンが必要です。

錆止め処理

②錆止め処理

錆止め塗料を塗ることが、鉄部塗装の下塗り工程になります。

中塗り

③中塗り

鉄部用の上塗り塗料を塗布します。鉄部用塗料もウレタン系・シリコン系・フッ素系などがあり、耐久性も異なります。

上塗り

④上塗り

再度、鉄部用塗料を塗布して、十分な塗膜厚を確保します。

外壁塗装を施工する際は、屋根塗装・鉄部塗装も行うのが一般的です。屋根塗装を別にすると、再度足場を組む必要があるため、足場の組み立てコストが二重にかかります。また、せっかく外壁を塗り替えてきれいにしても、鉄部が錆びたままでは意味がありません。外壁塗装や鉄部塗装の劣化状態をチェックして 早めの対応が、大切な建物の寿命を延ばす鍵となります。