さいたま市、浦和、大宮、与野等を中心とした埼玉県や東京の防水工事・自着工法

048-686-6956

8:00〜17:00(土・日・祝を除く)

メールからの
お問い合わせ

ホーム> 防水工事> 自着工法
自着工法

改質アスファルト防水・自着工法

アスファルト防水・熱工法では、アスファルト溶融釡や重油ドラム缶などの搬入が必要になり、匂いや煙 といった問題点もありました。そのため、改修工事では敬遠されがちな工法でした。そこで、改修工事で もアスファルト防水を無理なく採用できるように改良されたのが、改質アスファルト防水です。改質アス ファルト防水には、自着工法とトーチ工法があり、今回ご紹介するのは自着工法です。

改質アスファルト防水の特徴

改質アスファルト防水とは、改質されたアスファルトルーフィングシートを使用して防水層を作る工法です。アスファルト熱工法で使用されるルーフィングシートはフェルト紙などにアスファルトを浸透させただけのものですが、改質アスファルトルーフィングシートは、アスファルトに合成ゴムや合成樹脂を配合し、改質されたアスファルトを使用しています。
これによって、アスファルト熱工法の高い防水性や信頼性を維持させるとともに、施工性が格段に 向上し、環境にも作業者にも優しい防水工事が可能になりました。
改質アスファルト防水は、従来のアスファルトよりも温度変化に強く、自己接着性があり伸びや曲げにも強い性質を持っているため、耐候性・耐久性ともに優れており、標準耐用年数は 15年~20年程度です。改質アスファルトルーフィングは、「ゴムアスルーフィング」とも呼ばれています。

自着工法

自着工法とは、熱を使わずに防水層を形成する工法で、常温工法や冷工法とも呼ばれています。ルーフィングシートの裏面がゴムアスファルト粘着層(粘着剤)になっているため、剥離紙を剥がしながら下地に貼り付けていきます。複雑な箇所では納まりが難しい場合があり、ドレン(排水管)周りなどの重要な箇所はハンドバーナーで溶融一体化することで熱工法と同様の水密性が得られます。自着工法は既存のアスファルト露出仕様の改修工事などに最適な工法で、オーバーラッピング(かぶせ工法)によって施工できるため、既存防水層を撤去する必要がなく、廃材の発生を抑えられます。また、第一層の自着層によって下地の亀裂などへの追従性にも優れています。コンクリートやウレタンなどの防水資材との相性がいいため、下地表面の仕上げ程度は厳しくありませんが、充分に乾燥させる必要があります。 自着工法のルーフィングシートは、陸屋根の屋上防水だけでなく不陸屋根の下葺き材や防水層などにも使用されます。

改質アスファルト防水・自着工法のメリット

改質アスファルト自着工法には、以下のようなメリットがあります。

・熱や火気を使用する必要がないため、煙や臭気がなく環境に優しい。
・施工するための大掛かりな機械や器具が必要でない。
・施工性に優れているため工期が短い。
・都市部や住宅密集地でも工事が可能。
・ルーフィングの性能が改良されているため、1〜2層の防水層でよい。
・火災や火傷の事故がない。

改質アスファルト防水・自着工法のデメリット

改質アスファルトを使用した新しい工法といえども、やはり万能ではありません。
自着工法ならではのデメリットを以下にご紹介します。

・剥離紙が風で飛びやすいため、その都度適切に処分が必要。
・密着時に空気が入りやすい。
・単層防水の場合はジョイント処理部や末端処理部などに高い施工精度が要求される。
・密着させるための転圧を十分にする必要がある。
・気温が低すぎると密着しない場合がある。

改質アスファルトルーフィングシートの種類

ルーフィングシートには様々な種類がありますが、改質アスファルトルーフィングシートにも色々な種類があります。一般的な改質アスファルトタイプ・基材(業界では原紙という)を複層にしたタイプ・粘着層タイプなどの他、表面を砂粒や鉱物粉粒で仕上げたシートなど(表面を砂粒などで仕上げるのは、アスファルトルーフィングの粘着性が埃などを吸い寄せてしまうため、予め砂粒などで被覆して埃などの吸着を防ぐための対策です)。また、シートの基材に合成繊維不織布を使用したシート、特殊なハイブリット構成の基材を使用したシートなどもあり、厚みも色々。さらに、露出用・非露出用シート、単層用・複層用シートなどの種類があり目的に応じて選ぶことができます。 尚、改質アスファルトルーフィングシートは JIS(日本工業規格)の規格品(JIS A6013)です。JISの基準に 基づき、引張り強度・引裂き強さ・耐熱性・寸法安定性・接合強さ・耐凹み性・耐疲労性・耐折り曲げ性な どの試験項目に適応している製品は、登録認証機関によって審査・認証され、JISマークを表示することができます。改質アスファルト防水・自着工法は、環境対応型防水工法として、現在広く普及されています。更なる施工性・耐久性の向上を目指し、現在は複合タイプの工法や次世代タイプといわれる工法も開発されています。今後は性能の向上だけでなく、各メーカーの努力によるコストダウンにも期待を寄せています。