さいたま市、浦和、大宮を中心とした埼玉県や東京の防水工事・ゴムアスファルト系防水

048-686-6956

8:00〜17:00(土・日・祝を除く)

メールからの
お問い合わせ

ホーム> 防水工事> ゴムアスファルト系防水
ゴムアスファルト系防水

塗膜防水・ゴムアスファルト系防水

液状の防水材を塗り重ねることで防水層を形成する塗膜防水は、様々な種類があり、それぞれ、適材適所に使用されています。ゴムアスファルト系防水は地下防水に適し、地下構造物の外壁において防水効果を発揮していました。しかし近年、各メーカー独自の開発によって、屋上や室内防水へと汎用性が高められてきました。今回はゴムアスファルト防水の特徴やメリットなどをご紹介します。

ゴムアスファルト系防水の特徴

ゴムアスファルト系防水とは、ストレートアスファルトのエマルジョンと合成ゴムラテックスの混合液を塗布し、乾燥・硬化させることで防水層を形成させる工法です。コンクリートやモルタルとの相性が良く、強力な接着力があります。火気や溶剤を使用しない水性タイプのため臭気が少なく、換気のよくない屋内作業空間での施工も可能です。安全性が高く、簡単に施工ができ、確実な防水性を持つことなどが特徴。また、硬化が速いため工期の短縮が可能です。
ゴムアスファルト防水はビルコート防水とも呼ばれ、地下構造物の外壁などに多く採用されていましたが、近年はゴムアスファルト防水の安全性や施工性に注目され、屋上やバルコニー、浴室などの防水にも利用されています。耐久性は10年〜13年程度とされています。

ゴムアスファルト防水層の形成には、塗布工法と吹き付け工法の2種類があります。 塗布工法は、補強布や改質アスファルト系シートを組み合わせて防水層を形成する工法で、より厚みのある強靭で安定した防水層を形成できます。1液性の場合は攪拌する必要もないため、誤配合やミキシング不 良の心配がなく、すぐに刷毛やローラーなどで塗ることができます。吹き付け工法は、合成ゴムラテックスを添加したゴムアスファルトエマルジョンと、硬化剤を吹き付け機で同時に吹き付けることによって、瞬時に硬化・接着させて塗膜を形成させる工法です。瞬時に硬化するため、工期の大幅な短縮が可能です。

ゴムアスファルト系防水の施工方法(塗布工法)

①下地調整

平滑な下地が要求されるため、下地の調整を行う。

②プライマー塗布

専用のプライマーを規定分量塗布する。

③ゴムアスファルトの塗布

プライマーの指触乾燥を確認後、ゴムアスファルトを薄く塗布する。

④補強布の敷設

補強布は重ね幅を50mm以上として敷設する。複雑な箇所の納まりには、専用のクロスを使用する場合もある。

⑤ゴムアスファルトを 2 回塗布

ゴムアスファルトを刷毛などで塗り、ゴムアスファルトの色が黒く変色したらもう一度重ね塗りする。

⑥保護モルタルの施工

通常はモルタルなどで保護層を設けるが、保護塗料を塗布する場合もある。

ゴムアスファルト系防水のメリット

ゴムアスファルト防水は以下のようなメリットがあります。

・火気や溶剤を使用しないため、環境にやさしく安全である。
・小面積で複雑な箇所にも適し、シームレスな防水層が形成される。
・少ない積層でもアスファルト防水と同等以上の防水性を確保できる。
・施工が簡単で工期の短縮が可能。
・アスファルト防水の改修に適している。

ゴムアスファルト系防水のデメリット

ゴムアスファルト防水は、以下のようなデメリットに注意が必要です。

・施工は天候に左右される
・2 液性のものは配合ミスやミキシング不良の可能性がある。
・下地亀裂が広がると、塗膜には柔軟性があっても下地に強固に密着しているため破断しやすい。
・下地の精度が要求される。
・均一塗膜厚の確保が難しい。

ゴムアスファルト系防水のデメリット

ゴムアスファルト防水メーカーと名称、特徴などをご紹介します。

●田島ルーフィング:ビルコート

特徴:2 液性の水性エマルジョン。ビルCFコートは厚塗りも可能。

●イーテック:ハルエースコート A

特徴:2 液性の水性エマルジョン。室内や地下防水などに最適な、ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆基準値をクリア。

●成瀬化学:ナルファルト WP

特徴:1 液性の水性エマルジョン。原液のまま、湿った下地に施工可能。屋根・屋内地下防水や、新築・改修防水、既存防水層への密着防水などに適している。

●ユナイト(株):ユナイトリアスコート

特徴:1 液性の水性エマルジョン。下地が湿っていても施工が可能。防水層は柔軟性・弾性に富み下地の伸縮による追従性に優れている。

●(株)ウォータイト:ガスファルト

特徴:1 液性の水性エマルジョン。F☆☆☆☆(フォースター)環境対応型防水材。吹き付け工法・塗布工法のどちらにも対応。

ゴムアスファルト系防水は、火気も溶剤も不要で、施工が簡単。その上アスファルト防水と同程度の防水性を確保できるとなれば、これはもう画期的な防水工法のように思われます。しかしながら残念なことに、新しい工法のため屋上用途としては標準化された仕様がなく、実績が乏しいという状態です。今後、様々な用途での普及に伴い、実績の積み重ねと検証がが待ち望まれています。